JCBL:60/プログラム

From Jcbl.jp
Jump to: navigation, search

このページは終了した大会情報です

今年度の大会情報はこちらを参照してください。


第60回 日本脂質生化学会トップページへ

Contents

日程・プログラム

2018年(平成30年) 5月 31日(木)~ 6月 1日(金)

・日程表(印刷用・PDF)

・プログラム(印刷用・PDF)

2018日程表v1.png

特別講演・シンポジウム・ランチョンセミナー


  • 特別講演(5月31日 16:20-17:20)
 「イノシトールリン脂質の思いもかけない多彩な機能〜研究の軌跡と失敗の歴史〜」
  竹縄 忠臣(神戸大学 大学院医学系研究科 客員教授)
  座長: 深見 希代子(東京薬科大学生命科学部)

  • シンポジウム1(5月31日 13:30-16:00)
  「生体制御に関わる多彩なリポクオリティ」(新学術領域研究リポクオリティ共催)
  座長: 有田 誠(慶応大学・理化学研究所・横浜市立大学)、杉本 幸彦(熊本大学)
  S1-1 脂肪酸クオリティによる生体制御
     有田 誠(慶応大学・理化学研究所・横浜市立大学)    
  S1-2 レクチン受容体を介する糖脂質認識と免疫応答 
     山崎 晶(大阪大学・九州大学)   
  S1-3 脳内炎症の収束過程に関わるリポクオリティ
     七田 崇(東京都医学総合研究所) 
  S1-4 腸内細菌とリポクオリティ
     小川 順、岸野 重信(京都大学)
  S1-5 リン脂質クオリティによる生体制御 
     進藤 英雄(国際医療研究センター・東京大学)
  S1-6 プロスタノイドクオリティによる生体制御 
     杉本 幸彦(熊本大学)

  • シンポジウム2( 6月1日 9:00-11:30)
 「脂質テクノロジー」
  座長: 藤本 豊士(名古屋大学)、佐々木 雄彦(東京医科歯科大学)
  S2-1 電子顕微鏡による膜脂質分布の可視化解析
     辻 琢磨、藤本 豊士(名古屋大学)
  S2-2 膜タンパク質による脂質輸送活性の 1 分子計測技術の開発
     渡邉 力也(東京大学)
  S2-3 脂質光遺伝学の確立
     上田 善文、佐藤 守俊(東京大学)
  S2-4 リポクオリティがプレクストリン相同ドメインと生体膜の相互作用に与える影響
     山本 詠士1, 佐々木 純子2, Mark S.P. Sansom3, 佐々木 雄彦 41 慶應義塾大学, 2 秋田大学, 3 オックスフォード大学, 4 東京医科歯科大学)
  S2-5 生体内膜リン脂質近傍タンパク質の新規同定法の開発
     田口 友彦(東京大学)
  S2-6 脂質代謝ケミカルバイオロジー
     上杉 志成(京都大学・WPI-iCeM )

  • ランチョンセミナー
 ランチョンセミナー1(5月31日 12:00-13:00)
  日本ウォーターズ株式会社

 ランチョンセミナー2(6月1日 12:00-13:00)
  株式会社島津製作所
Personal tools