JCBL:54/プログラム

From Jcbl.jp
Jump to: navigation, search

このページは終了した大会情報です

今年度の大会情報はこちらを参照してください。


第54回 日本脂質生化学会トップページへ

Contents

プログラム

ダウンロード:プログラム(PDF)


シンポジウム、セミナー

特別講演
座長:西島正弘(昭和薬科大学)
タイトル:「細胞小器官ペルオキシソームと脂質代謝およびその障害」
演者:藤木幸夫(九州大学大学院理学研究院)
座長:五十嵐靖之(北海道大学)
タイトル:「新時代の糖脂質研究」
演者:平林義雄(理化学研究所 脳科学総合研究センター)


シンポジウム1
「Lipid mediators in vascular biology and immunity」
座長:横溝岳彦(九州大学)、村上 誠(東京都医学総合研究所)
シンポジウム2
「脂質生化学研究のCutting Edge I, II」
座長:伊東 信、久下 理、沖野 望、谷 元洋(九州大学)
演者:伊藤俊樹(神戸大)、岡崎俊朗(金沢医大)、木原章雄(北大)、小林俊秀(理研)、田口友彦(東大)、竹松 弘(京大)、平田雅人(九大)、藤田盛久(阪大)

ランチョンセミナー1
株式会社島津製作所
タイトル:「高速・高感度トリプル四重極MSによるリピドミクス解析」
演者:北 芳博(東大院、医学系研究科、リピドミクス社会連携講座)
ランチョンセミナー2
モレキュラーデバイスジャパン株式会社
タイトル:「薬剤などに対する細胞応答をラベルフリーで検出するユニークな技術 - CellKey System」
演者:泉 国辰 (モレキュラーデバイスジャパン株式会社 アプリケーションマネージャー)



プログラム

第54回 日本脂質生化学会プログラム

ダウンロード:プログラム(PDF)


第1日午前 第1会場

シンポジウム1 	S1-01~S1-05	9:30-12:00
「Lipid mediators in vascular biology and immunity」
座長 横溝岳彦(順天堂大学 医学部)、村上誠(東京都医学総合研究所)
	
S1-01	Lipid mediators in skin immune responses: maintenance of dendritic cell homeostasis via 
	PGE2
9:30	Kyoto University
P 6 	○Kenji Kabashima	

S1-02	Roles of prostaglandins in enhancement of angiogenesis and lymphangiogene
10:00	Kitasato University
P 7	○Masataka Majima

S1-03	Roles of the cysteinyl leukotriene 2 receptor (CysLT2) in vascular and inflammatory 
	disease
10:30	Queen’s University
P 8 	○Colin D. Funk

S1-04  	S1P/S1P1 signaling is a critical inhibitor of sprouting angiogenesis in vivo
11:00 	Karolinska Institutet
P 9	○Christer Betsholtz

S1-05	Role of sphingosine-1-phosphate in cardiac remodeling and protection
11:30	Kanazawa University
P 10	○Yoh Takuwa


 

第1日午前 第2会場

一般講演 	2-01~2-04	9:30-10:45
座長 岩森正男(近畿大・理工)、井ノ口仁一(東北薬大・分子生体膜研)

2-01	カイコ Bombyx mori 蛹の中性スフィンゴ糖脂質の構造解析
9:30	1滋賀大・教育・化学,2東海大・糖鎖科学研,3立命館大・生命科学・情報生物学
P 38  	○鈴木 孝枝1,橋本 恭平1,小島 寿夫2,伊藤 將弘3,糸乗 前1
						
2-02	消化管、皮膚および口腔共生細菌脂質の特異的分子種構成と糖脂質の抗原性
9:50	1近大・理工・生命、2慶大・医・産婦、3医薬基盤研・動物疾患モデル
P 42	○岩森正男1、中佐昌紀1、田中京子2、青木大輔2、足立成基3、野村大成3
						
2-03	出芽酵母の生育阻害誘導に必要なセラミドの構造的要因の解析
10:10	九大院・理・化学
P 46 	○谷 元洋、久下 理

2-04	ガングリオシドによるT細胞サブセット特異的免疫制御
10:25	1東北薬大・分子生体膜研、2東海大・糖鎖科学研、3東北薬大・病態生理
P 49 	○井ノ口仁一1、永福正和1、鈴木明身2、奥山香織3、大野勳3						



一般講演 	2-05~2-08	10:45-12:00
座長 東秀好(東北薬大・分子生体膜研)、岩渕和久(順大・環境医学研)

2-05	ガングリオシドによるB2ブラジキニン受容体の不応化
10:45	東北薬大・分生研・生体膜情報
P 53	嶋﨑彩佳、中川哲人、三苫純也、○東 秀好

2-06	疼痛における末梢グルタミン酸を介したガングリオシドの機能
11:05	1順天堂大学・環境医学研、2東北薬科大学・分子生体膜研・生体膜情報学
P 57	○渡辺 俊1、東秀好2、髙森建二1、岩渕和久1

2-07	ヒトパラインフルエンザ3型ウイルス感染に及ぼすsulfatideの影響
11:20	1静岡県大・薬・生化学、2中部大・生命健康科学
P 60	○鈴木 隆1、高橋忠伸1、伊藤一彦1、福島圭穣1、高口仁宏1、早川拓哉1、鈴木康夫2

2-08    ヒト型複合糖質を発現した線虫による病態解明
11:40   1九大・システム生命, 2九大・理学・生物化学, 3 CREST, 4阪大・医学系・
          生体システム薬理, 5九大・医学・基礎医学, 6東京女子医科大・医学・生理学, 
        7順天堂大・医療看護学
P 64	○宮崎清香1、野村和子2,3、村田大輔4、藤井潤5、中台枝里子6、三谷昌平6、
          中山仁志7、岩渕和久7、野村一也2,3



第1日午前 第3会場

一般講演 	3-01~3-04	9:30-10:45
座長 白井康仁(神戸大・農)、中西広樹(秋田大・生体情報)

3-01	クラスII型PI3キナーゼC2は血管形成に必須である
9:30	1金沢大学・医学系・血管分子生理学、2石川県立看護大・看護・健康科学
P 86	○吉岡 和晃1、岡本 安雄1、多久和 典子1, 2、多久和 陽1	
						
3-02	質量分析計を用いたイノシトールリン脂質の一斉定量分析系の開発
9:50	1秋田大・生体情報研究センター、2秋田大・院医・微生物学講座
P 88	○中西 広樹1、佐々木 純子2、浅沼 研2、千田 進介2、高須賀 俊輔2
        佐々木 雄彦1, 2	
									
3-03	表皮特異的なPLC1の欠損は乾癬様皮膚炎を引き起こす
10:10	1東薬大院 生命科学、ゲノム情報 2京大院医 皮膚科学
P 90	○金丸 佳織1、中村 由和1、椛島 健治2、深見 希代子1										
3-04	ホスホリパーゼC1はアトピー性皮膚炎発症因子フィラグリンの発現を制御する
10:30	1東薬大院 生命科学 ゲノム情報、2京大院医 皮膚科学
P 92	○中村 由和1、金丸 佳織1、椛島 健治2、深見 希代子1
		

一般講演 	3-05~3-09	10:45-12:00
座長 坂根郁夫(千葉大・理)、上田夏生(香川大・医)

3-05	ホスホリパーゼC1と3は正常な心機能の維持に重要である
10:45	東薬大・生命・ゲノム情報学
P 94	○橋本悠希、児島亮太、中村由和、深見希代子

3-06	マクロファージにおけるホスホリパーゼC1の生理機能解析
11:00	東薬大・生命・ゲノム情報
P 96	○内田 崇史、米田 敦子、深見 希代子

3-07	ジアシルグリセロールキナーゼによる特徴的な神経突起伸にはmTORが関与する
11:15	1神戸大院・農・生命機能科学、2秋田大・生体情報研究センター、
          3神戸大・バイオシグナル研究センター					
P 98	○白井康仁1、中井寛子1、中西広樹2、中嶋昭雄3、吉川潮3、上田修司1、
          山之上稔1、斎藤尚亮3

3-08	ジアシルグリセロールキナーゼδの飽和脂肪酸のみを含有するジアシルグリセロール分
          子種への選択性
11:30	千葉大・院理
P 101	○堺 弘道,水野 悟,斎藤雅文,坂根郁夫

3-09	新規脂質代謝酵素H-rev107の発現はペルオキシソームの機能異常を引き起こす
11:45	1香川大・医・生化学,2東大院・薬・衛生化学, 3東北大院・薬・分子細胞生化学,
          4香川大・医・組織細胞生物学
P 104	○宇山徹1,市育代2,河野望2,井上飛鳥3,坪井一人1,金星華1,荒木伸一4,
           青木淳賢3,新井洋由2,上田夏生1






第1日午後 第1会場

一般講演 	1-01~1-05	13:30-14:55
座長 鈴木明身(東海大・糖鎖研)、瀧孝雄(大塚製薬)

1-01    微量成分セラミドを持つ脳ガングリオシドのLC-IT-MSによる構造解析
13:30   1東海大学糖鎖科学研究所、2島津製作所
P 23 	○鈴木明身1、立花徳啓1, 藤分秀司2、梅村佳克2

1-02   	TLC-Blot MALDI-TOF MS Lipidomics in Brain Hippocampus
13:45  	1大塚製薬株式会社 徳島研究所、2大塚製薬株式会社 探索第三研究所、
          3浜松医科大学 解剖学、4首都大学東京 人間健康科学
P 27    ○瀧 孝雄1、平野稚子2、早坂孝宏3、瀬藤光利3、井上菜穂子4

1-03    非還元末端N-アセチルグルコサミン糖鎖を特異的に認識するモノクローナル抗体
         (MAC-1)とエンドベータガラクトシダーゼC過剰発現マウスの解析
14:05   1日大・理工・物質応化、2独農業生物資源研・動物研究・畜産ゲノム
P 30    ○櫛泰典1、南山潤太郎1、鈴木祐典1、渡辺聡2

1-04	細胞内エネルギーセンサーAMPKはグルコシルセラミド合成を抑制する
14:20	理研・BSI・神経膜機能
P 33	石橋 洋平、平林 義雄

1-05	3T3-L1脂肪細胞の総脂質中トリグリセリドのDCE洗浄による除去および
          中性糖脂質の検出と構造解析
14:35	東海大・糖鎖研
P 35	○小島寿夫、樺山一哉

 
特別講演	SS-01~SS-02	15:15-17:15
座長 西島正弘(昭和薬大)、五十嵐靖之(北大・先端生命)

SS-01	細胞内小器官ペルオキシソームと脂質代謝およびその障害
15:15	九州大学 大学院理学研究院
P 2	○藤木 幸夫

SS-02	新時代の糖脂質研究
16:15	理化学研究所 脳科学総合研究センター	
P 4     ○平林 義雄	




第1日午後 第2会場

一般講演 	2-09~2-14	13:30-15:05
座長 杉本博之(獨協医大・医)、野村一也(九大・理)	
										
2-09	Δ12-fatty acid desaturaseの解析によるラビリンチュラ類のPUFA生合成経路の解明
13:30	1九大院・農・生命機能、2佐賀大・農、3宮大・農、4甲南大・理工、5日本水産、
          6九大・バイオアーク			
P 66	○松田高宜1、坂口圭史1、濱口理恵1、小林 巧1、安部 英理子1、濱 洋一郎2、
           林 雅弘3、本多大輔4、沖田裕司5、杉本愼一5、沖野 望1、伊東 信1,6

2-10	海洋性真核微生物ラビリンチュラの油球形成機構の解明
13:45	1九大院・農・生命機能、2九大・バイオアーク
P 70	○﨑山 亮1、関根 聡美1、安部 英理子1、沖野 望1、伊東 信1,2

2-11	つつが虫病リケッチア感染による細胞内脂肪滴の蓄積に関する研究
14:00	1国立感染症研究所・ウイルス第一部、2同・細胞化学部、3徳島大・院・
          ヘルスバイオサイエンス研究部
P 73	○小川基彦1、深澤征義2、内山恒夫3

2-12	細胞質に局在するアセチルCoA分解酵素ACOT12の酵素活性および転写調節機構の
          解析
14:15	獨協医科大学・医学部・生化学
P 75	○堀端康博、安戸博美、杉本博之
			
2-13	高いプリカーサーイオン選択性を有するMALDI-TOF-TOFタンデムMSを用いた、
          位置異性体を含むトリアシルグリセロール混合物の構造解析
14:30	日本電子(株)MS事業ユニット
P 79	久保 歩、橋本将宏、伊藤 喜之、○田村 淳、上田祥久

2-14	線虫C. elegansにおけるABH式血液型糖鎖解析
14:50	1九大院・システム生命科学, 2阪大院・医, 3九大・理院・情報生物, 4CREST, JST
P 83	○秋好紗弥香1, 村田大輔2, 野村和子3,4, 野村一也3,4


第1日午後 第3会場

一般講演 	3-10~3-15	13:30-15:10
座長 糸乗前(滋賀大・教育)、佐藤幸市(群大・生調研)

3-10	Gタンパク質共役型受容体、G2Aを介したがん幹細胞性制御
13:30	群馬大・院医・生化学
P 108	○岸本幸治、谷畑貴俊、原口崇、清水健志、大島紀安、立井一明、和泉孝志	
				
3-11	ヒト膵臓がん細胞の浸潤・転移に対する経口可能なリゾホスファチジン酸受容体
          アンタゴニストKi16198の抑制作用
13:50	群大・生調研・シグナル伝達
P 111	○佐藤幸市、小町麻由美、当房雅之、茂木千尋、岡島史和

3-12	25-OHコレステロールによるCTP:ホスホエタノールアミン・シチジリルトランスフェラーゼ
         (ET)の転写抑制における分子機構の解析
14:05	獨協医科大学・生化学
P 114	○安戸博美、山下智子、堀端康博、青山智英子、佐藤元康、杉本博之

3-13	アミロイド前駆体タンパク質細胞内輸送へのオキシステロールの関与機構の解明
14:20	同志社大・生命医科・医生命システム
P 118	○浦野泰臣、野口範子

3-14	酵母におけるスフィンゴ脂質関連プロテインキナーゼに関する研究
14:40	京大・生命・システム機能学
P 121	○山根ゆかり、小堤保則、竹松弘

3-15	スフィンゴ糖脂質セラミド骨格の構造多様性と生物機能に関する研究
14:55	1東海大・糖鎖研、2東海大・工学研究科・工業化学、3東海大・工学部・生命化学科、
          4サウスカロライナ医科大学、5九州大・生物資源環境科学・生物産業創成
P 122	○渡辺 昂1,2,5、米重あづさ1、小池礼華3、武藤真長1,2、Hama,H.4、鈴木明身1、
          松田純子1
 

第2日午前 第1会場

シンポジウム2 	S2-01~S2-04	9:30-11:30
「脂質生化学研究のCutting Edge-I」
座長 伊東信(九大・農)、沖野望(九大・農)

S2-01	極長鎖脂肪酸の皮膚バリア,小胞輸送における役割
9:30	北大院・薬
P 12	○木原章雄

S2-02	GPIアンカーの構造変化によるタンパク質輸送・局在の制御
10:00	阪大・微研
P 13	○藤田盛久

S2-03	定量的トランスクリプトーム相関解析を利用した糖脂質生合成における
	経路分岐点の理解
10:30	京大・院生命・システム機能学分野
P 14	○竹松 弘

S2-04	スフィンゴミエリン合成酵素(SMS)制御による細胞増殖・遊走調節
	―悪性腫瘍の新規治療法開発に向けてー
11:00	金沢医科大学 医学部 血液免疫内科
P 16	○岡崎 俊朗

					

 

第2日午前 第2会場

一般講演	2-15~2-18	9:30-10:35
座長 松本幸次(埼玉大・理工)、唐沢健(帝京大・薬)

2-15	ストレス応答ECFシグマ因子を介した枯草菌におけるリポテイコ酸の恒常性の維持
9:30	埼玉大・理工研
P 138	○橋本 理尋、関 貴洋、松岡 聡、原 弘志、朝井 計、定家 義人、
          松本 幸次

2-16	酵母ホスファチジルセリン脱炭酸酵素2の活性発現に関与する新規遺伝子の同定と解析
9:50	九大院・理・化学
P 142	○久下 理、三好琢弥、山口剛典、谷 元洋

2-17	酵素蛍光定量法を用いた細胞内ホスファチジルセリン代謝解析
10:05	1滋賀医大、2神戸薬大
P 145 	○森田真也1、白川祥実2、小林由希子2、中村恵子2、寺岡麗子2、北河修治2、
          寺田智祐1

2-18	エンドソームを介した膜輸送におけるホスファチジルセリンの機能解析
10:20	1東大院・薬、2 九大院・理
P 148	○内田安則1、李尚憲1、久下理2、田口友彦1、新井洋由1



一般講演	2-19~2-23	10:35-11:55
座長 山下純(帝京大・薬)、進藤英雄(国際医療センター)

2-19	アシルグリセロリン酸アシルトランスフェラーゼ8(AGPAT8)の基質特異性と
          トランスアシレーション反応
10:35	帝京大・薬
P 152	○山下 純、古賀裕基、鈴木尚孝、林 康広、佐々木洋子、岡 沙織、谷川尚、
      杉浦隆之

2-20	細胞内輸送システムによるイノシトールリン脂質
	シグナル伝達経路の空間的制御機構
10:55	1近畿大・院薬・分子医療・ゲノム創薬学, 2日本学術振興会特別研究員DC
P 155	○李翠芳1,2, 喜多綾子1, 橋本佑香1, 井原美沙子1, 杉浦麗子1

2-21	ホスファチジルイノシトールの特徴的な脂肪酸組成の生物学的意義
11:10	1東大・院薬・衛生化学、2東女医大・医・第二生理
P 156	○久保 卓也1、松田 真治1、河野 望1、中臺 枝里子2、三谷 昌平2、新井 洋由1

2-22	Equinatoxin-IIを用いた細胞内Sphingomyelinの可視化
11:25	1東大・院薬・衛生化学、2理研・基幹研究所
P 159	谷地 理恵子1、内田 安則1、小林 俊秀2、○田口 友彦1、新井 洋由1

2-23	ペルオキシソーム欠損CHO細胞およびZellweger症候群患者由来線維芽細胞のリン脂
          質網羅的解析
11:40	1九大院・理・生物科学、2九大院・システム生命科学
P 162	○阿部雄一1、藤木幸夫1,2



第2日午前 第3会場

一般講演	3-16~3-20	9:30-10:50
座長 梅田真郷(京大・理)、奥野利明(順大・医)

3-16	ヒト血漿から分離した酸化LDLに存在する酸化脂質の網羅的解析
9:30	1昭和大・薬・生物化学、2昭和大・医・循環器内科学
P 210	○小浜孝士1、髙橋あい理1、楠ノ瀬雄也1、木庭新治2、濱嵜裕司2、小林洋一2、
	相内敏弘1、加藤里奈1、山口智広1、板部洋之1

3-17	アポリポプロテインE含有リポプロテインのグルタミン酸神経障害に対する保護作用
9:45	熊大・先導機構
P 214	○林 秀樹
     
3-18	パルミトイルトランスフェラーゼDHHC蛋白質の基質特異性の包括的解析
10:00	1北大・院薬・生化学,2北大・院生命・生化学
P 215	○大野祐介1,樫尾睦1, 2,小潟廉1, 2,石富暁博1, 2,木原章雄1

3-19	BLT2の内在性リガンド12-HHTの生合成機構の解明
10:20	1九大院・医・医化学 2順大院・医・生化学第一
P 219	○松延 武彦1、奥野 利明1,2、横溝 岳彦1,2

3-20	ショウジョウバエにおけるミトコンドリアへの脂肪酸輸送機構の解析
10:35	京大院・工・生体認識化学
P 221	○石井隆太、加藤詩子、梅田真郷


一般講演	3-21~3-24	10:50-11:55
座長 植田弘師(長崎大・医歯薬)、厚味厳一(帝京大・薬)

3-21	細胞内リゾホスファチジン酸によるミトコンドリアの形態制御
10:50	1東大院・薬、2東女医大・医、3東北大院・薬、4久留米大・分子生命研
P 224	○大場 陽介1、井上 貴雄1、櫻木 健司1、原 直子1、中臺 枝里子2、井上 飛鳥3、
	石原 直忠4、青木 淳賢3、三谷 昌平2、新井 洋由1

3-22	血管形成におけるLPAシグナルの解析
11:05	1東北大院・薬・分子細胞生化学、2東北大・医・代謝疾患医学コアセンター、
	3CREST, JST
P 227	○雪浦弘志1、濱弘太郎1、奥平真一1、中永景太1、青木淳賢1,2,3
	
3-23	JNK/c-junシグナル伝達を介するリゾホスファチジン酸誘発性脱髄機構
11:25	長崎大院・医歯薬学・分子薬理学分野
P 231	○永井 潤、植田 弘師

3-24	海馬興奮毒性における二相性プロスタグランジンの持続的神経細胞死への影響
11:40	1埼玉医大・医・薬理、2東大・院医・細胞情報、3愛知コロニー発達障害研・病理
P 233	○吉川圭介1、北芳博2、古川絢子3、丸山敬1、清水孝雄2、島田厚良3


第2日午後 第1会場

シンポジウム3     S2-01~S2-04	13:30-15:30
「脂質生化学研究のCutting Edge-II」
座長 久下 理(九大・理)、谷 元洋(九大・理)

S3-01	エンドソーム特異的脂質の構造、代謝、機能
13:30	理化学研究所
P 18	○小林俊秀

S3-02	Intracellular phosphatidylserine is essential for retrograde membrane traffic through 
	endosomes
14:00	東京大学大学院 薬学系研究科
P 19	○田口友彦, 内田安則, 李尚憲, 新井洋由

S3-03	生体膜の形状制御に関与するタンパク質の機能
14:30	神戸大・院・医 膜生物学
P 20	○伊藤俊樹

S3-04	イノシトール1,4,5-三リン酸結合性タンパク質として発見した分子の機能解明
15:00	九州大学 大学院歯学研究院 口腔細胞工学
P 21	○平田雅人


 
一般講演 1-06~1-10	15:45-17:10 
座長 花田賢太郎(国立感染研)、本庄雅則(九大・理)

1-06	クラミジア菌の宿主細胞内増殖にセラミド輸送タンパク質CERTは重要である
15:45	1感染研・細胞化学部、2カルフォルニア大・サンフランシスコ校・医学部
P 124	○花田賢太郎1、チェリリン・エルウェル2、ジョアン・エンゲル2

1-07	スフィンゴミエリン合成酵素1の血小板に及ぼす影響について
16:00	1金沢医科大・医・血液免疫内科学、 2鳥取大学・医・分子病理、
	3国立長寿医療センター・運動器疾患、4崇城大学・生物生命・応用生命科学
P 128	○林 輝1、河南 崇典1、林 千恵1、Lusi Oka Wardhani1,2、渡辺 研3、
	梅原 久範1、武谷 浩之4、岡崎 俊朗1	
							
1-08	エーテルリン脂質プラスマローゲンの生合成制御
16:15	1九大院・理・生物科学, 2九大院・システム生命科学
P 131	○本庄雅則1, 2、阿部雄一1, 藤木幸夫1, 2

1-09	GPIアンカー型蛋白質の生合成は線虫C. elegansの生殖細胞発生に必須である
16:30	1九大・システム生命、2九大・理学研究院、3JSPS fellow, Univ. California SD, USA、
	4熊本大、5国立衛研、6埼玉大、7東京女子医大
P 133	村田大輔1、野村和子2、出嶋克史3、水口惣平4、川崎ナナ5、中島紫5、
	伊東さつき5、安藤恵子6、中台枝理子7、三谷昌平7、○野村一也1,2

1-10	Lc3Cer糖脂質欠損マウスにおける糖脂質マイクロドメイン構造の乱れと免疫異常
16:50	1産総研・糖鎖医セ、2 理研、3 九州大・農学研究院・生命機能科学、
	4筑波大・人間総合・基礎医・解剖学発生学
P 135	○栂谷内晶1、池原譲1、伊藤浩美1、佐藤隆1、中村京子2、鈴木實2、合田初美3、
	伊東信3、工藤崇4、高橋智4、成松久1


17:10   終了


 

第2日午後 第2会場

一般講演	2-24~2-28	13:30-14:50			
座長 光武進(北大・先端生命)、佐藤匡央(九大・農)

2-24	アミノ酸刺激によるmTORの活性化に対するスフィンゴミエリンの影響
13:30	1北海道大学大学院先端生命科学研究院、2 国立長寿医療センター研究所
	運動器疾患研究部、3金沢医科大学血液免疫内科
P 164	○座間 宏太1、光武 進1、渡辺研2、岡崎 俊朗3、五十嵐 靖之1

2-25	肥満・慢性炎症におけるセラミドキナーゼの関与
13:45	北大・先端生命
P 167	○光武進、五十嵐靖之

2-26	緑膿菌由来セラミダーゼによる三次元培養表皮シート・ケラチノサイトの
	サイトカイン産生機構について
14:00	1順天堂大学・院医 環境医学研究所、2同浦安病院皮膚科、3九州大学・院農 
	生命機能科学部門、4同医療看護学部・生化学
P 169	大泉亜美1,2、岩原知博1、喜納勝成1、須賀 康2、沖野 望3、伊東 信3、
	小川秀興1、髙森建二1、○岩渕和久1,4

2-27	アルキル型リン脂質の腸管吸収とクラス変換
14:20	1帝京平成大、2ADEKA、3帝京大医、4北大院農
P 171	○西向めぐみ1、山﨑裕也2、小池誠治2、前場良太3、原 博4

2-28	食事脂質のリンパ輸送に及ぼすコレステロール吸収阻害剤の影響
14:35	1九州大院・農、2熊本県大・環境共生
P 173	○城内文吾1、中村有理1、古川裕美子1、友寄博子2、今泉勝己1、佐藤匡央1

14:50-15:00   休憩



一般講演	2-29~2-33	15:00-16:20			
座長 長田恭一(明大・農)、今井浩孝(北里大・薬)

2-29	肝臓におけるPHGPxとビタミンEによる生体膜リン脂質酸化抑制の意義
15:00	1北里大薬、2東京大院薬、3秋田大バイオサイエンス教育セ、4中部大生命健康科学、
          5産総研、6千葉大医
P 176	○今井浩孝1、松岡正城1,2、中西広樹3、田口良4、石田規子5、七里元督5、吉田康一5、
          二木鋭雄5、清水孝彦6、新井洋由2、中川靖一1

2-30	エイコサペンタエン酸による血中脂質及び脂肪肝の改善効果
      と酸化ストレス緩和作用について
15:20	1長野県短大 生活科学 健康栄養、2信州大 院医 代謝制御学、3信州大 医 
	消化器内科
P 180	○杉山英子1,2、田中直樹2,3、中嶌岳郎2、神戸宏樹2、青山俊文2

2-31	アポE欠損マウスにおける、食事由来コレステロール酸化物の
	脂質代謝変動に対するエゼチミブの投与効果
15:35	明治大・農・農化
P 182	○照沼彰一郎、小川莉絵子、長田恭一

2-32	りんご未熟果実のメタボリックシンドローム発症予防作用の解明
15:50	1明治大・農・農化、2エバラ食品工業・研究所
P 186	○東 知宏1、岩城 慎悟1、長田 恭一1、相倉 悦子2、今坂 浩2、半田 正之2

2-33	キサントフモール高含有ホップ抽出物による肥満抑制および抗高脂血症作用
16:05	明治大・農・農化
P 190	由井一希、清藤文音、○長田恭一


一般講演	2-34~2-37	16:20-17:25			
座長 今泉勝己(九大・農)、小林哲幸(お茶女大・ライフサイエンス)

2-34	脂肪組織での脂質代謝制御におけるスフィンゴ糖脂質の役割
16:20	理研・脳センター・神経膜機能チーム
P 194	○香山綾子、平林義雄

2-35	食事誘導性高コレステロール血症モデルラットにおける
	トリアシルグリセロール代謝
16:35	九州大院・農
P 196	○田中愛健、永尾晃治、佐藤匡央、今泉勝己

2-36	マウスprotein-overload nephropathyに生じる腎機能障害は、肝臓スルファチド合成酵素
          の発現低下を介して、血清スルファチド値を低下させる
16:50	1信州大・院医・代謝制御、2信州大・医・腎臓内科、3長野県短大・生活科学・健康栄養、
          4日本薬大・薬・生命分子薬学
P 200	○中嶌岳郎1、上條祐司1,2、杉山英子1,3、生暁娜1、張暁煒1、高橋京子1,2、京ケ島守4、
          青山俊文1、原 厚1

2-37	ミニブタにおける植物油脂の内分泌撹乱作用
17:05	1金城学院大・薬、2金城学院大・生環、3愛知学院大・歯、4愛知県・工技セ、
	5あすか製薬メディカル、6糖質科学研究所、7食品医薬品安全セ 秦野研、
	8日本生物科学研
P 204	○奥山治美1、大原直樹1、山田和代1、宮沢大介1、安井裕子1、野々垣常正1、
	小林身哉2、北森一哉2、河村典久1、渡邉真一1、市川祐子1、橋本洋子3、半谷 朗4、
          本間誠二郎5、大貫洋二6、永田洋子7、斎藤義明7、臼見憲司7、斎藤敏樹8、
	片桐公一8、Fats to Pigs研究グループ

17:25	終了


 
第2日午後 第3会場

一般講演	3-25~3-29	13:30-14:45
座長 原俊太郎(昭和大・薬)、久留主志朗(北里大・獣医)

3-25	An alternative pro-adipogenic effect of 15-deoxy-12,14-prostaglandin J2 to attenuate the 
        inducible synthesis of anti-adipogenic prostanoids in cultured preadipocytes
13:30	1Department of Life Science and Biotechnology, Shimane University; 2Department of 
         Molecular and Functional Genomics, Center for Integrated Research in Science, 
         Shimane University; 3Department of Clinical Pharmacy, Faculty of Pharmaceutical 
         Sciences, Tokushima Bunri University
P 237	○Mohammad Sharifur Rahman1, Abu Asad Chowdhury1, Ferdous Khan1, Kohji Nishimura2, 
         Mitsuo Jisaka1, Tsutomu Nagaya1, Fumiaki Shono3, Kazushige Yokota1

3-26	脂肪組織におけるVIB型Ca2+ 非依存性ホスホリパーゼA2 (iPLA2) の機能解析
13:45	1昭和大・薬・衛生薬学、2都医学研・脂質代謝
P 241	○依田 恵美子1、鉢須 桂子1、 武富 芳隆2、原 俊太郎1

3-27	げっ歯類の雄性生殖におけるGroup IVA phospholipase A2の役割
14:00	1北里大・獣医・生理学、2日本獣医生命科学大・獣医・放射線学
P 243	○久留主志朗1、澤田治美2、汾陽光盛1

3-28	マスト細胞を制御する新しい脂質マシナリー
14:15	1都医学研・脂質代謝、2岡大・院医歯薬・免疫生物学、3OBI・分子行動生物学、
          4熊大・院医薬・薬学生化学、5京大・院・医・神経薬理、6昭和大・院・薬・衛生化学
P 246	○武富芳隆1、上野紀子1、小島卓巳1、田中智之2、佐藤弘泰1、西藤泰昌1、山本圭1、
	有竹浩介3、裏出良博3、杉本幸彦4、成宮周5、原俊太郎6、村上誠1

3-29	マスト細胞のcPLA2により遊離されるアラキドン酸は局所環境でmPGES-1によりPGE2
        へ変換され抗アレルギーに関わる
14:30	1都医学研・脂質代謝、2昭和大・薬・医薬品評価薬学、3東大・医・細胞情報、4阪大・
	院医・遺伝子、5慶応大・先端生命、6中部大・生命健康、7JST・CREST、8JST・PRESTO
P 249	○上野紀子1、武富芳隆1、山本圭1、平林哲也1、亀井大輔2、北芳博3、清水孝雄3、
	新沢康英4、辻本賀英4、池田和貴5、田口良6,7、村上誠1,8

14:45-14:55   休憩


一般講演	3-30~3-33	14:55-16:05
座長 徳村彰(徳島大・薬)、中谷良人(昭和大・薬)
	
3-30	COX-2およびPPARを標的とした精油成分の機能性評価
14:55	1奈良女子大・食物栄養、2帝塚山学院大・食物栄養
P 252	○中田理恵子1、滝澤祥恵1、岩佐千絢1、越地聡美1、高井綾子1、勝川路子1,2、
	井上裕康1

3-31	血中グレリン切断酵素の精製と分解産物の生理活性
15:10	1獨協医大・医・生化学、2久留米大・医・生理
P 256	○佐藤元康1、西 芳寛2、杉本博之1

3-32	N-アシル化プラスマローゲン型リン脂質からのN-アシルエタノールアミンの生合成
15:25	1香川大・医・生化学、2金沢大・院医・血管分子生理学、3徳島大・院ヘルスバイオサイエ
          ンス・衛生薬学、4Stony Brook University・Department of Biochemistry and Cell Biology
P 259	○坪井一人1、岡本安雄1,2、池松夏紀3、井上愛美3、清水嘉文3、宇山 徹1、
	Dale G. Deutsch4、徳村 彰3、上田夏生1
	
3-33	ヒト大腸がん細胞における低酸素条件下でのリゾリン脂質およびエーテル型リン脂質の
          増加
15:45	1徳島大・院薬、2名大院・医、3愛知医大・先端医、4名市大院・薬、5帝京大・薬
P 262	○清水 嘉文1、小泉 恵子2、神奈木 玲児3、田中 広治4、山下 純5、田中 保1、
	曹 科2、鈴木 元2、村手 隆2、岩城 壮一郎4、藤井 聡4、徳村 彰1				
 

一般講演	3-34~3-37	16:05-17:15
座長 高橋吉孝(岡山県大・保健福祉)、井上飛鳥(東北大・薬)
	
3-34	ロイコトリエン作用に対する抗ロイコトリエンC4単鎖抗体の中和効果
16:05	1岡山県大・保福・栄養、2群大・院医・生化学、3京大・院医・呼吸管理睡眠制御、
	4京大・院医・神経・細胞薬理、5金大・院・医薬保健学総合・分子情報薬理、
	6京女大・家政・食物栄養
P 265	○川上祐生1、平野詩織1、木下麻衣1、大槻朱美1、下田一花1、鈴木麻希子1、
	青山沙絵1、山本登志子1、木本眞順美1、福島光夫1、岸本幸治2、和泉孝志2、小賀徹3、
          成宮周4、吉本谷博5、山本尚三6、高橋吉孝1

3-35	エイコサペンタエン酸由来の抗炎症性代謝物Resolvin E3の新規同定
16:20	1東大院・薬・衛生化学, 2東大院・医・メタボローム, 
 	3東大院・薬・有機反応化学, 4PRESTO JST, 5CREST JST
P 268	○磯部洋輔1, 有田 誠1,4, 中西広樹2, 田口 良2,5, 占部大介3, 井上将行3, 新井洋由1

3-36	TGF切断を用いた脂質メディエーター受容体の検出法の開発
16:35	1東北大・院薬・分子細胞生化学、2 JST・さきがけ、3 JST・CREST
P 272	○井上 飛鳥1、石黒 純1、巻出 久美子1, 2、青木 淳賢1, 3
	
3-37	酸化リン脂質に応答する新規GPCRの同定
16:55	1東北大・院薬・分子細胞生化学、2東北大・医・代謝疾患医学コアセンター、3CREST・JST
P 276	○石黒純1、井上飛鳥1、青木淳賢1,2,3


17:15	終了


日程

ダウンロード日程表(PDF)


第1日目 6月7日(木)
第1会場(大ホール) 第2会場(中ホール1) 第3会場(中ホール2)
開始時刻 演題番号 座長 開始時刻 演題番号 座長 開始時刻 演題番号 座長
9:30 S1-01 横溝岳彦(順大・医)
村上誠(都医学研)
9:30 2-01 岩森正男(近畿大・理工)
井ノ口仁一(東北薬大・分子生体膜研)
9:30 3-01 白井康人(神戸大・農)
中西広樹(秋田大・生体情報)
9:50 2-02 9:50 3-02
10:00 S1-02 10:10 2-03 10:10 3-03
10:25 2-04 10:30 3-04
10:30 S1-03 10:45 2-05 東秀好(東北薬大・分子生体膜研)
岩淵和久(順大・環境医学研)
10:45 3-05 坂根郁夫(千葉大・理)
上田夏生(香川大・医)
11:05 2-06 11:00 3-06
11:00 S1-04 11:20 2-07 11:15 3-07
11:40 2-08 11:30 3-08
11:30 S1-05 - 11:45 3-09
-
12:00 休憩 12:00 休憩 12:00 休憩
12:15 L-01 ランチョンセミナー1 12:15 幹事会
13:15 休憩 13:15 休憩
13:30 1-01 鈴木明身(東海大・糖鎖研)
瀧孝雄(大塚製薬)
13:30 2-09 杉本博之(獨協医大・医)
野村一也(九大・理)
13:30 3-10 糸乗前(滋賀大・教育)
佐藤幸市(群大・生調研)
13:45 1-02 13:45 2-10 13:50 3-11
14:05 1-03 14:00 2-11 14:05 3-12
14:20 1-04 14:15 2-12 14:20 3-13
14:35 1-05 14:30 2-13 14:40 3-14
14:55 休憩 14:50 2-14 14:55 3-15
15:15 SS-01 西島正弘(昭和薬大)
五十嵐靖之(北大・先端生命)
15:05 終了 15:10 終了
16:15 SS-02
17:15 休憩
17:30 総会
18:00 休憩
18:30 懇親会(マリエラ号)



第2日目 6月8日(金)
第1会場(大ホール) 第2会場(中ホール1) 第3会場(中ホール2)
開始時刻 演題番号 座長 開始時刻 演題番号 座長 開始時刻 演題番号 座長
9:30 S2-01 伊東信(九大・農)
沖野望(九大・農)
9:30 2-15 松本幸次(埼玉大・理工)
唐沢健(帝京大・薬)
9:30 3-16 梅田真郷(京大・理)
奥野利明(順大・医)
9:50 2-16 9:45 3-17
10:00 S2-02 10:05 2-17 10:00 3-18
10:20 2-18 10:20 3-19
10:30 S2-03 10:35 2-19 山下純(帝京大・薬)
進藤英雄(国際医療セ)
10:35 3-20
10:55 2-20 10:50 3-21 植田弘師(長崎大・医歯薬)
厚味厳一(帝京大・薬)
11:00 S2-04 11:10 2-21 11:05 3-22
11:25 2-22 11:25 3-23
11:30 休憩 11:40 2-23 11:40 3-24
11:55 休憩 12:00 休憩
12:15 L-02 ランチョンセミナー2
13:15 休憩
13:30 S3-01 久下理(九大・理)
谷元洋(九大・理)
13:30 2-24 光武進(北大・先端生命)
佐藤匡央(九大・農)
13:30 3-25 原俊太郎(昭和大・薬)
久留主志朗(北里大・獣医)
13:45 2-25 13:45 3-26
14:00 S3-02 14:00 2-26 14:00 3-27
14:20 2-27 14:15 3-28
14:30 S3-03 14:35 2-28 14:30 3-29
14:50 休憩 14:45 休憩
15:00 S3-04 15:00 2-29 長田恭一(明大・農)
今井浩孝(北里大・薬)
14:55 3-30 徳村彰(徳島大・薬)
中谷良人(昭和大・薬)
15:20 2-30 15:10 3-31
15:30 休憩  15:35 2-31 15:25 3-32
15:45 1-06 花田賢太郎(国立感染研)
本庄雅則(九大・理)
15:50 2-32 15:45 3-33
16:00 1-07 16:05 2-33 16:05 3-34 高橋吉孝(岡山県大・保健福祉)
井上飛鳥(東北大・薬)
16:15 1-08 16:20 2-34 今泉勝己(九大・農)
小林哲幸(お茶女大・ライフサイエンス)
16:20 3-35
16:30 1-09 16:35 2-35 16:35 3-36
16:50 1-10 16:50 2-36 16:55 3-37
17:10 終了 17:05 2-37 17:15 終了
17:25 終了


このページのトップへ

第54回 日本脂質生化学会トップページへ

Personal tools