JCBL:52/デジタル出力のMacintoshを持ち込んで発表する方へ

From Jcbl.jp
Jump to: navigation, search

このページは終了した大会情報です

今年度の大会情報はこちらを参照してください。


                         第52回 日本脂質生化学会トップページへ


デジタル出力のMacintoshを発表会場へ持ち込んで使用する予定の方へ
  • デジタル出力のMacintoshで映写する場合に、一部の機種では映像が正しく出力されないことがあります。
  • VGAへの変換アダプタ(mini display port to VGA, mini DVI to VGAなど)を使用してMini D-sub 15ピン(アナログ端子)でプロジェクターに接続した場合に、発色が極端に悪くなる(蛍光画像などが薄くなる)ことやプロジェクターを認識せず信号を出力しないことがあります。
  • 発表会場ではデジタル端子(DVI)を使用してプロジェクターに接続する予定ですが、一部で対応できない会場があります。
  • 発表の際のトラブルを最小限にするために、できる限り「A. インターネット経由でのデータ事前受付」あるいは「B.データの当日受付」をご利用ください。詳しくは 参加案内のページをご覧ください。
  • デジタル出力のMacintoshを使用する予定の方は、事前にjcbl2010@gmail.com 宛に「演題番号、発表者、使用機種、使用OS、使用アプリケーション、本体の映像端子の種類」をお知らせください。
  • 使用する機種のDVI(デジタル)端子への変換ケーブルをお持ちの場合は、会場へご持参ください。
  • また、必ずバックアップ用データをCD-RまたはUSBメモリーでご持参ください。

Macの映像端子の見分け方.png


                          第52回 日本脂質生化学会トップページへ
Personal tools