History

From Jcbl.jp
Jump to: navigation, search
JCBL Top
(脂質生化トップ)
LipidBank Wiki LipidBank
(Classic)

Contents

このページは第50回日本脂質生化学会(2008年6月5日, 徳島)における会長講演 「第50回年会を迎えた日本脂質生化学会:更なる発展を目指して」(国立医薬品食品衛生研究所 西島 正弘)の講演資料を元に作成されています。

脂質生化学会発足前後  (脂質生化学研究 1962から)

1958年のこと
日本生化学会総会(安田守雄主催)で“脂質”のシンポジウム(世話人:山川民夫、原一郎)
複合脂質の構造、分離・精製、生理作用、脂質と臨床
“脂質生化学”上下2巻の発行
International Conferences on the Biochemical Problems of Lipids
1955年に誕生(R. Ruyssen会長)
1960年にJournal of Lipid Researchが創刊
関西地区のリピド研究会
1957年に第1回が刀根山病院で開催(大阪市大丹羽充氏が世話人)
脂質生化学者の集い
呼びかけの言葉
“私たちは近い将来にリピドは生化学の中心課題の一つに浮かび上がってくるに違いない、すでにそのきざしが現れてきていると信じます。‥‥私たちがいろいろな問題を研究していて、リピドが何か重要な役目を果たしていると感じていながら、方法論や実験技術や基礎組織が不十分で手を出せないでいることはないでしょうか。‥‥リピドの重要性を認めて関心をもたれる方が集まって、‥‥余り形式ばらないで語り合うことにしたらどうでしょう。そして一応方向が決まったら、最近のリピドの問題の紹介、研究発表、実験技術や経験の交換、討論などもしたいと思います。‥‥学会の真似事にならないように‥‥”

日本脂質生化学会の発足

第1回研究集会
第2回研究集会
脂質生化学研究 1962序より
  1. 1959年に文部省科研費で総合研究“リン脂質の酵素化学的研究”が採択 (代表者:船橋三郎;分担者:山川民夫、丸尾文治、野田万次郎、藤野安彦、原一郎、福場博保)
  2. 1960年10月31日 本郷郵便局横の向上会館でリピドの研究会の発足を決定
  3. 1961年6月17日 第1回研究集会が日本化学会図書館講堂で開催
  4. 1962年 第2回研究集会が藤沢薬品本社講堂で開催。 刀根山病院の谷氏、小倉氏、山村氏当が担当
  • 第1回、第2回ともに参加者は約200名で盛会であった

開催地と実行委員

開催数 開催年 開催地 会長 実行委員
0 1960 東京
1 1961 東京  安田 守雄
2 1961 大阪  谷、小倉、山村
3 1962 東京
4 1962
5 1963 仙台  奥井 誠一、箱守 仙一郎
6 1964 東京  木村 雄吉
7 1965 大津  堀 太郎
8 1966 広島    数野 太郎
9 1967 東京     安田 守雄
10 1968 東京     山川 民夫
11 1969 札幌     大野 公吉
12 1970 群馬     山添 三郎
13 1971 静岡     舟橋 三郎、松本 亮
14 1972 大阪     斉藤 国彦
15 1973 東京     野島 庄七
16 1974 松本     武富 保、橋本 隆、金井 正光
17 1975 倉敷     山崎 三省、日下 喬史、市原 守介
18 1976 東京   原 一郎   児島 英也、植田 伸夫
19 1977 京都     野田 万次郎
20 1978 東京     原 一郎、金子 弘、村松 敏夫
21 1979 富山     長谷 純一
22 1980 岐阜     高橋 善弥太
23 1981 東大阪     林 陽 
24 1982 仙台     金田 尚志
25 1983 札幌     坂上 利夫
26 1984 新潟     小野 輝夫、矢野 郁也
27 1985 東京   山川 民夫   内藤 周幸
28 1986 名古屋     池沢 宏郎
29 1987 徳島     山本 尚三
30 1988 東京     和久 敬蔵
31 1989 神戸     藤野 安彦
32 1990 東京     秦 葭哉
33 1991 京都     鬼頭 誠
34 1992 大阪     山本 章
35 1993 東京   野島 庄七   赤松 穣
36 1994 札幌     牧田 章
37 1995 横浜     飯田 静夫
38 1996 岐阜     野澤 義則
39 1997 東京     井上 圭三
40 1998 大阪     矢野 郁也
41 1999 鎌倉   脊山 洋右   玉井 洋一
42 2000 九州     古賀 洋介
43 2001 帯広     中野 益男
44 2002 東京     西島 正弘
45 2003 仙台     宮澤 陽夫
46 2004 熊本     堀内 正公
47 2005 金沢   西島 正弘   吉本 谷博
48 2006 東京     工藤 一郎
49 2007 札幌     五十嵐 靖之
50 2008 徳島     徳村 彰
51 2009 名古屋     横山 信治
52 2010 群馬     和泉 孝志
53 2011 東京   和泉 孝志   平林 義雄
54 2012 福岡     伊藤 信
55 2013 宮城     青木 淳賢
56 2014 大阪     岩森 正男
57 2015 東京     新井 洋由
58 2016 秋田     石井 聡

事務局の変遷

1961~1968  東大農学部舟橋研  会長 安田守雄
1969~1975  東大医学部血清学教室(原一郎先生)  会長 安田守雄
1976~1992  帝京大学医学部生化学教室(植田伸夫先生) 会長 原 一郎
会長 山川民夫
1993~2004 日本学会事務センター 会長 野島庄七
会長 脊山洋右
2005~2010 コングレ 会長 西島正弘
2011~2016 コングレ(2011), 春恒社(2012-) 会長 和泉孝志
2017~     春恒社 会長 新井洋由

国際学会の開催

会員数・参加者数・演題数の推移
会計推移
  • 1988年  第29回ICBL (野島庄七)
  • 1988年  第3回臨床研コンファランス (山川民夫))
  • 1989年  第3回国際PAF会議(野島庄七)
  • 1996年  糖脂質・スフィンゴ糖脂質に関するゴードン会議 (永井克孝)
  • 2001年  第7回国際PAF会議:PLM2001 (和久敬蔵)
  • 2001年  武田シンポジウム (野島、井上、西島)
  • 2004年  糖脂質・スフィンゴ糖脂質に関するゴードン会議 (鈴木明身)
  • 2006年  FASEB Summer Research Conferences (工藤一郎)
  • 2009年  第4回 Phospholipse A2 and Lipid Mediators (新井洋由)
  • 2012年  糖脂質・スフィンゴ糖脂質に関するゴードン会議 (五十嵐靖之)
  • 2015年  第6回 Phospholipse A2 and Lipid Mediators (村上 誠)

研究費の獲得

  • 1959年 文部省科研費で総合研究“リン脂質の酵素化学的研究”
  • 平成9年~14年 科学技術庁総合研究 「生体膜脂質の新しい機能の解析技術と制御技術の開発に関する研究」 総額8億円 24人
  • 平成12年~16年 文科省特定領域研究 「スフィンゴ脂質による生体膜ドメイン形成と多機能シグナリング」
  • 平成17年~22年 JSTさきがけ「代謝と機能」
  • 平成22年〜27年 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究 「生命応答を制御する脂質マシナリー」
  • 平成27年〜32年 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究 「脂質クオリティが解き明かす生命現象」
  • 平成27年~  JST 戦略的創造研究推進事業 及び AMED 革新的先端研究開発支援事業「画期的医薬品等の創出をめざす脂質の生理活性と機能の解明」

脂質データベース関連

  • 平成22年~26年 日本学術振興会科研費 研究成果公開促進費「生理活性脂質データベース LipidBank」(5年)
  • 平成27年~28年 日本学術振興会科研費 研究成果公開促進費「生理活性脂質データベース LipidBank」(単年)
  • 平成28年~29年 日本学術振興会科研費 研究成果公開促進費「生理活性脂質データベース LipidBank」(単年)
Personal tools